愛の看板製作

超えられない壁はない。あるとすればそれは高い壁だけだ。

こんばんは、愛担当です。

高校の時に柴田先生が愛は真心、恋は下心って数学の先生が言ってました。実際どうなんでしょうか?

大いなる疑問は後回しにしておいて、弊社では、看板の製作も承っております。

そんなお仕事の昨年12月の様子。

町内の目立つところに設置してあるので目にした方もいると思います。

雨の日も風の日も、行き交う人々を案内しています。

見やすさ、読みやすさはもちろんのこと、看板によって伝えたい情報を如何にに視覚的に表すか、イメージによって情報を伝えるか。

簡単そうですが答えがない、それがデザインです。

私たちは印刷物や看板などなど、デザインすることで、伝えたい人と知りたい人との間に見えない橋をかけます。

多くの人の心に橋をかけられれば幸いです。

そこに必要なのは、お互いを結びつける愛なんです。

どうですか?看板から何か伝わりませんか?ハートマークあるんですよ!

吹雪いてよく見えない?

あー、これは失敬。ちょっと視界不良ですね。

弊社におまかせください。

近寄ってみましょう。

フットワークの軽さ、それが弊社のストロングポイントの一つです。

どれぐらい軽いかというと、田上明のステップワークぐらいと言えばわかりますでしょうか。そんな感じです。

どれどれ、どんなデザインかな、ハートのところを見てみましょう。

ズームイン。

なんだか小さくてよく見えないなー

吹雪いているからよく見えないのかな。

なんか違和感あるな・・・

ちょっと大きくしてみました。

前よりもよく見えるけれども・・・

おや?

おやおや??

なんか違和感があるな。

おやおやおや?!!!

何か見える気がする・・・!?

なんだろう、なんだろう

なんだろう・・・

なんか紛れ込んでいるんじゃない?

あれはなんだ?

もっと拡大してみよう!

!!!

夕日か!夕日だ。一文字ちがいの見間違いか。

気のせいでした。

そんなこんなで、野外に設置する看板や旗、のぼり、などなど、お声がけください。

溢れる愛をしっかり込めてデザインさせて頂きます。

余計なものなんてないよね。

寒い日が続きます。どうぞご自愛くださいませ。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました